葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 枕経とはどのように行うの?宗派による違いも紹介します

葬儀の知識

枕経とはどのように行うの?宗派による違いも紹介します

枕経とはどのように行うの?宗派による違いも紹介します

「枕経」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。葬儀に参列したことはあっても、枕経という言葉を聞いたことがないという方もいらっしゃるかもしれません。

枕経は仏式で葬儀を行う場合に営まれる儀式のひとつです。枕経にはどのような意味があるのでしょうか。また枕経はどのようにして行われるのでしょうか。

今回は、この枕経について意味や行い方などを解説いたします。

枕経の意味や行われる宗教とは

枕経(まくらきょう・まくらぎょう)とは

枕経とは、臨終後に故人の枕元で僧侶によって行われる仏教独自の儀式です。仏教独自の儀式であるため、枕経はキリスト教や神道では行われません。

枕経という名前のお経があるわけではなく、枕経の儀式では故人の枕元で読経が中心に行われるため枕経と呼ばれています。枕経のことを「枕勤(まくらづとめ)」や「臨終勤行(りんじゅうごんぎょう)」と言う場合もあります。

枕経の意味の変遷

もともとは臨終後ではなく、危篤状態のときに僧侶を呼んで読経をしてもらっていました。それはなんとか回復して欲しいという家族の仏様にすがる思いによるものであったようです。 これが次第に臨終直後に安らかな眠りや成仏を願って枕経として行われるようになったと言われています。

省略されることも多くなった

枕経は、基本的には自宅で行うことになります。 近年では亡くなった後、自宅ではなく葬儀社の霊安室など遺体安置施設に搬送されるケースが増えていることや、葬儀自体の簡素化・簡略化の影響もあり、現状として枕経は行われないことも増えています。

地域にもよりますが、枕経はほぼ行われないところもあり、枕経を行うか行わないかは各寺院の考え方によるところが大きいという状況です。

枕経のタイミングや手順とは

省略されることが多くなっている枕経ではありますが、家族の希望や寺院の考え方によって枕経を行う場合ももちろんあります。ここでは枕経を行うタイミングや手順について説明してまいります。

枕経を行うタイミング

昔は亡くなる直前、いわゆる危篤状態で枕経が行われていましたが、現代では亡くなった後に行われることが一般的です。

病院で亡くなった場合には、自宅に搬送され安置後、なるべく早いタイミングで僧侶に自宅へお越しいただき枕経を行うことになります。

枕経の手順とは

遺体搬送、安置

葬儀社や遺体搬送専門業者に、病院などから自宅に故人を搬送してもらい、自宅の一室に故人を安置します。

枕飾りの設置

枕飾りとは、故人の枕元に設置する小さな祭壇です。線香の仕度も含めて、通常は葬儀社が行います。枕飾りで使用する座布団と、お供えする一膳飯や団子などは家族にて用意することが一般的です。

僧侶の手配

菩提寺に枕経の依頼をします。菩提寺が無い場合で、枕経を希望するときには葬儀社に依頼すれば寺院を紹介してもらえるところもあります。

僧侶へのお茶や茶菓子の用意

僧侶にお出しするお茶や茶菓子を用意しておきます。

枕経

僧侶が到着されたら、枕経を行っていただきます。枕経には通常家族のみが同席します。15分~30分ほどで枕経が終了します。

今後の流れや戒名などについて僧侶に相談

菩提寺の僧侶にお越しいただいた場合には、納棺、通夜式、葬儀告別式の日時や、戒名、葬儀を行う会場までの送迎などについて僧侶と打ち合わせや相談を行います。

枕経の際の服装は

枕経に同席する家族の服装は、喪服である必要はなく普段着で問題ありません。普段着と言いましても、派手なものや短パンやスウェットやジャージなどあまりにもラフな服装は避けた方が良いでしょう。 その他、派手なアクセサリーは外し、持っていれば数珠を用意しておきます。

枕経でのお布施の考え方

枕経だけで御布施を寺院に渡すのではなく、通常は通夜および葬儀告別式も含めて葬儀全体に対して御布施を一度渡します。ただし、僧侶が自家用車で枕経に来られた場合には、別途御車代を5千円~1万円程度用意する必要があります。

宗派ごとの枕経の特徴とは

枕経には宗派によっても違いがあります。ここでは主な宗派について、それぞれ枕経の特徴を紹介いたします。

天台宗の枕経

天台宗の枕経では主に「阿弥陀経」が読まれ、阿弥陀仏の加護を願い、故人が極楽浄土に往生できるよう祈ります。

真言宗の枕経

真言宗の枕経では「般若理趣経(はんにゃりしゅきょう)」、「陀羅尼(だらに)」、「光明真言(こうみょうしんごん)」が読まれ、御宝号と言われる「南無大師遍照金剛」を唱えます。

浄土宗の枕経

本来の浄土宗の枕経では、阿弥陀仏をお迎えすることと、受戒を行うことが主な内容です。枕経で受戒を行わない場合には、通夜式の中で行われることになります。

枕経で読まれるお経は主に「四誓偈」「阿弥陀経」「仏身観文」で、「南無阿弥陀仏」が繰り返し唱えられることも特徴です。

浄土真宗の「臨終勤行」

浄土真宗では枕経と言わずに「臨終勤行(りんじゅうごんぎょう)」と言います。

臨終勤行では故人の為に祈るというよりも、阿弥陀様に対して故人の死を機会に仏様と接するご縁をいただけることに感謝の気持ちを送るという意味合いで行われる点が特徴です。 読まれるお経としては「正信偈」「阿弥陀経」などです。

臨済宗の枕経

臨済宗では枕経ではなく「枕経諷経(ふぎん)」と言います。「観音経(かんのんぎょう)」「大悲呪(だいひしゅう)」「四弘誓願(しぐせいがん)」などのお経を通じて、仏教徒としての心得などが故人に対して伝えられます。

曹洞宗の枕経

曹洞宗では枕経ではなく「臨終諷経(りんじゅうふぎん)」と言います。臨終諷経では「舎利礼文」「遺教経」などが読まれ、仏様を讃え、仏弟子としての心構えが故人に対して伝えられます。

日蓮宗の枕経

日蓮宗の枕経では「法華経(ほけきょう)」が中心に読まれ、故人が悟りを開き成仏できるよう祈ることを主目的に行われます。

寺院によって使用しないこともありますが、木柾(もくしょう)と呼ばれる仏具が特徴で、木柾はカンカンと甲高い音がする鳴り物です。

日蓮正宗、創価学会の枕経

日蓮正宗、創価学会の枕経では法華経の「方便品(ほうべんぼん)」と「寿量品(じゅりょうぼん)」を読み、お題目である「南無妙法蓮華経」が繰り返し唱えられます。 家族も信徒であれば、導師と一緒に読経をすることが特徴のひとつです。

神道の場合(枕経はなし)

神道では枕経は行われませんが、枕飾りの設置は行います。枕飾りには玉串、榊、灯明、洗米、塩、水、お神酒、故人が生前好きだったものなどをお供えします。

キリスト経の場合(枕経はなし)

キリスト教ではもともと枕経はもちろんのこと、枕飾りの習慣もありません。しかし日本では枕飾りを設置し、十字架、聖書、白い花、燭台、パン、水などを飾ることもあります。

最後に

今回は枕経について、意味や行い方などを解説いたしました。仏教において枕経は故人に対して行われる最初の儀式です。

最近は省略されることが多くなっている枕経ではありますが、寺院や地域によって枕経は行うことが当たり前という場合もあります。菩提寺がある場合には家族が亡くなったことを連絡する際に、枕経の有無について確認を行うと良いでしょう。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応